プラセンタを直接体に注射する方法

プラセンタは、サプリメントや美容液といった方法で化粧品の中から取り入れることができます。

最近では、美容外科や美容皮膚科などで直接体内に注射でプラセンタを取るという方法も行われています。

 

プラセンタ注射はどうやって受けるの?

 

プラセンタ注射の診療を行っている美容クリニックに予約を入れましょう。

美容クリニックはほとんどが予約制をとっています。

 

そして、プラセンタ希望である旨を伝えると、まず医師の診断を受けます。

既往歴や内服などを伝え、プラセンタの注射を受けることに問題がないかどうか見てもらいます。

 

特に問題がなければ、プラセンタ注射を受けることができます。

 

プラセンタ注射の種類

 

プラセンタ注射にはいくつか種類があります。

メルスモンとラエンネックという種類が有名です。

これは製造している会社が違うため、同じプラセンタでも若干作用が変わってきます。

 

メルスモンは、シミ改善やホルモンバランスの乱れを整える効果が高くなっています。

ラエンネックは、肝機能をより高める効果があるので、肝炎の方や肝臓が弱い方、お酒をよく飲む方にお勧めと言われています。

 

プラセンタ注射を打つデメリット

 

プラセンタ注射を打つと、その先、献血などができなくなるというリスクがあります。

このようなリスクについては、注射を受ける前に説明があるかと思います。

しっかりとデメリットも知ったうえで、ご自身の判断で受けるようにしましょう。

 

保険診療のクリニックでも受けられる

 

以前は、プラセンタ注射といえば、美容クリニックなどでしか行っていないことが多かったのですが、

最近では、保険診療をしている内科や皮膚科などでも行っているところもあります。

 

通常、1回2,000ほどで受けられます。

プラセンタが保険診療の適応になるかどうかについては、実際に保険診療をしているクリニックに尋ねる必要があります。

 

プラセンタを注射するのは看護師

 

プラセンタ注射を受ける際、診察をするのはもちろん医師ですが、ほとんどのクリニックでは、実際に注射を打つというのは、看護師が行うようです。

日々、多くの患者さんの注射をしているのが看護師なので、安心して受けられるといいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です