プラセンタの原料はどこから?

プラセンタの原料って何かご存知ですか?

プラセンタとは胎盤抽出液のことを言います。
出産時に胎児と一緒に出てくる胎盤から抽出していきます。
世の中に出回っているプラセンタは、一体どのような動物からなのでしょうか。

 

ブタのプラセンタ

多くのサプリメントなどで使われているプラセンタは、ブタから取られていることがほとんどです。
なぜかというと、ブタはヒトや牛よりも、出産回数が多いことがあげられます。
年に2回は出産しているのが特徴です。
さらに1回の出産で10頭近く産みます。
そのため、大量にプラセンタを抽出することができるんです。
大量にとれるため価格も安価になりやすく、サプリメントなど大量に生産する際にはブタから取ったプラセンタを使用することがほとんどです。

馬のプラセンタ

馬のプラセンタもサプリメントなどで使用されます。
しかし、馬のプラセンタは、ブタのプラセンタよりも希少価値が高くなります。
なぜかというと、馬は人間と同じく1度の出産で1頭しか生みません。
また、妊娠も年に1回ほどなので、プラセンタが抽出できる機会は少なくなります。
そのため、馬のプラセンタは、ブタに比べると高価になりやすいです。
そして、ブタよりもアミノ酸を多く含んでいることがわかっています。

ヒツジのプラセンタ

ヒツジのプラセンタもサプリメントなどで使用されています。
ヒツジのプラセンタの特徴は、ヒトと近いアミノ酸組織を持っているということです。
そのため、拒絶反応が起きにくいのでは?といわれています。
しかし、ヒツジのプラセンタは、日本では禁止されているため、外国からの輸入に頼っています。
ニュージーランド、スイスなどから輸入しサプリにしている場合もあります。

植物由来のプラセンタ

動物の胎盤から抽出されることが多いですが、植物の胎盤である胎座から有効成分を取り出して、化粧品などに使うこともあります。
植物由来ということで安心だと思われるかもしれませんが、美肌や健康への効果に関しては、動物の胎盤から抽出するプラセンタの方が効果が高いのです。

人のプラセンタ

ヒトのプラセンタは、医療機関のプラセンタ注射で使われています。
日本人の胎盤が原料になっています。
美容目的で医療機関で注射をする際には、ヒトプラセンタが使われますが、保険は適応されません。

このようにプラセンタの原料は主に5種類あり、それぞれの動物や食粒から抽出されたエキスでつくられているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です