プラセンタはお酒飲みの強い味方!?

プラセンタとお酒!?
なんの関係が?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は、プラセンタがお酒のみの強い味方というのは正しいんです。
どういうことなのか見ていきましょう。

実は、プラセンタには、肝機能を高める効果があります。
お酒は、通常、肝臓でアルコールが分解されます。
肝機能が正常な状態で保てているのであれば、お酒をたくさん飲んだとしても、しっかりと肝臓で分解されるので、二日酔いなどのリスクから守ってくれることが期待できます。

もともとは肝炎や、肝機能障害の改善のための治療としても、プラセンタは使われていました。

プラセンタを飲むことで、肝臓を強化してくれます。
詳しく言うと、肝細胞が増殖してくれるのですが、そのおかげでしっかりとアルコールを輩出してくれるので助かりますよね。

とある医療機関には、二日酔いでフラフラの男性がプラセンタを打ってから会社に行くと、うそのように元気になったという例があったそうです。
その後、その男性は、二日酔いになれば決まってそのクリニックに現れ、プラセンタ注射を打ってください言って来られているようです。

肝臓の病気の治療

肝臓の病気は治癒するものがほとんどであるといわれます。
なにか問題を抱えている方は、プラセンタ注射を行っているクリニックを探してみてもいいかもしれません。

プラセンタは、美容だけでなく、健康にもとてもいい効果があります。
そして、クリニックで受ける注射のプラセンタは、ヒト由来のものですので、より質がいいものとなっています。
(化粧品やサプリメントは牛や豚の胎盤抽出液であることが多いです)

日頃の、プラセンタサプリ摂取や定期的なクリニックでの注射を受けることで、病気にならないよう肝臓を強くして予防することも期待できます。
さらに、美白効果、若返り効果が期待できますので、気になる方は受けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です