プラセンタ美容液やサプリメントは100円ショップでも売られている!?

100円ショップが身近な存在になって、もうだいぶ経ちますが、最近では、コスメ商品も充実してきています。
そして、プラセンタの美容液やサプリメントも100円で買うことができるというので驚きます。

では、100円ショップのプラセンタは効果があるのでしょうか?
他の美容液とはどう違うのでしょうか?

化粧品には、成分を表示する義務があります。
どの商品も箱の裏には、その化粧品に含まれる成分が書かれているのを見たことがあるのではないでしょうか?

裏の表示には、その配合量が多いものから順番に書いていくというルールがあります。
プラセンタが入っていたとしても、その順番が最後の方だとしてら、配合量自体が少ないということが言えるので、安いプラセンタ化粧品が売っていたら確認してみるといいでしょう。

プラセンタの化粧品

1敵でも入っていたら、成分として表示できる

実は、化粧品には、その成分が、1滴でも含まれているのであれば、表示し、効果を謳うことができます。
そのため、「高濃度」や「濃縮」や「原液」などの言葉が使われ、差別化されているのです。

高濃度で作っている化粧品会社からすると。1滴しか入っていないものと同等に扱われてしまうため、あえて「高濃度」などと表記する工夫をしているのです。

言ってしまえば100mlの中に1滴のプラセンタでも、プラセンタ配合となるのです。

安価の化粧品にはそのようの落とし穴もありますので、しっかりとご自身で確認してみて下さいね。
当然、配合量が少なければ、プラセンタの効果を実感することは難しくなります。

プラセンタという言葉を聞いたことがあるから、それを使ってみたいというのであればいいですが、ちゃんと美肌効果を感じたいという方には、ある程度しっかりと、濃度のあるものを選ぶことをオススメしたいと思います。

サプリメントはどう?

プラセンタ入りの美容液は、1滴でも入っていたら、プラセンタ配合と表記できるとお伝えしましたが、サプリメントも同じです。
成分のうち少しでも含まれていたら、表記し、パッケージの表紙で謳うこともできてしまいます。
そのため、サプリメントも袋の裏の成分を確認し、取り入れたい成分がどの位置に書かれているか確認しましょう。
はじめの方にかかれているのであれば、心配いりません。
しかし、ほとんど最後の方であれば、あまりプラセンタの成分は含まれていないとお考え下さい。

決してすべての商品が、安かろう悪かろうではありませんが、ご自身でしっかりと選ぶことをおすすめします。

プラセンタのアトピーや花粉症への効果

美肌や健康にいいと言われるプラセンタですが、アトピーや花粉症などのアレルギーへの効果はどうでしょうか。
調べてみました。

プラセンタを使うことで、アレルギーへの改善も期待できるようです。

プラセンタには、抗アレルギー作用があり、アレルギー反応を引き起こす原因である現象を抑えてくれます。

また、プラセンタには免疫システムを正常にしてくれる作用もあるようです。

直接的に、花粉症の症状やアトピーの症状を沈めてくれるというわけではないことは、注意しましょう。
くしゃみをとめたり、鼻水をとめたりするのではなく、原因であるものを抑制してくれるというものです。
根本的な改善ともいえるでしょう。

アトピーに関しても、できている湿疹に塗って直すというものではありません。
赤みやかゆみを抑える役割ではなく、免疫システムを正常にした梨、原因を遮断することで、今後アトピーになりにくい肌へと導いてくれるのがプラセンタの役割です

プラセンタを取り入れて、アレルギー体質を改善したいと思われる方は、プラセンタが配合されているサプリメントなどを取り入れるのも1つです。

プラセンタの入ったサプリメントは、現在では本当に多く発売されていますから、ご自身にあったものを見つけて飲んでみるようにしてみましょう。

有名なサプリメントは

フラコラのプラセンタつぶやDHCのプラセンタなどがあります。

プラセンタだけでなく、他の美容成分も一緒に摂取するとサプリメントの価格が高くなる傾向がありますが。ご自身の肌悩みに合わせて選ぶようにするといいでしょう。

サプリメントを飲む際は、なるべく1日数回に分けて飲むようにするといいでしょう。
プラセンタの血中濃度が上限刷ることなく、一定に常にあると効果が高まりやすくなります。

さらにプラセンタサプリを飲む際は、なるべく水で飲むようにしましょう。
もちろん薬ではないので、絶対に飲まないといけないというわけではありませんが、効果を最大限に引き出すためにも、毎日数回に分けて水で飲むようにしましょう。

プラセンタはお酒飲みの強い味方!?

プラセンタとお酒!?
なんの関係が?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は、プラセンタがお酒のみの強い味方というのは正しいんです。
どういうことなのか見ていきましょう。

実は、プラセンタには、肝機能を高める効果があります。
お酒は、通常、肝臓でアルコールが分解されます。
肝機能が正常な状態で保てているのであれば、お酒をたくさん飲んだとしても、しっかりと肝臓で分解されるので、二日酔いなどのリスクから守ってくれることが期待できます。

もともとは肝炎や、肝機能障害の改善のための治療としても、プラセンタは使われていました。

プラセンタを飲むことで、肝臓を強化してくれます。
詳しく言うと、肝細胞が増殖してくれるのですが、そのおかげでしっかりとアルコールを輩出してくれるので助かりますよね。

とある医療機関には、二日酔いでフラフラの男性がプラセンタを打ってから会社に行くと、うそのように元気になったという例があったそうです。
その後、その男性は、二日酔いになれば決まってそのクリニックに現れ、プラセンタ注射を打ってください言って来られているようです。

肝臓の病気の治療

肝臓の病気は治癒するものがほとんどであるといわれます。
なにか問題を抱えている方は、プラセンタ注射を行っているクリニックを探してみてもいいかもしれません。

プラセンタは、美容だけでなく、健康にもとてもいい効果があります。
そして、クリニックで受ける注射のプラセンタは、ヒト由来のものですので、より質がいいものとなっています。
(化粧品やサプリメントは牛や豚の胎盤抽出液であることが多いです)

日頃の、プラセンタサプリ摂取や定期的なクリニックでの注射を受けることで、病気にならないよう肝臓を強くして予防することも期待できます。
さらに、美白効果、若返り効果が期待できますので、気になる方は受けてみてはいかがでしょうか?

プラセンタの原料はどこから?

プラセンタの原料って何かご存知ですか?

プラセンタとは胎盤抽出液のことを言います。
出産時に胎児と一緒に出てくる胎盤から抽出していきます。
世の中に出回っているプラセンタは、一体どのような動物からなのでしょうか。

 

ブタのプラセンタ

多くのサプリメントなどで使われているプラセンタは、ブタから取られていることがほとんどです。
なぜかというと、ブタはヒトや牛よりも、出産回数が多いことがあげられます。
年に2回は出産しているのが特徴です。
さらに1回の出産で10頭近く産みます。
そのため、大量にプラセンタを抽出することができるんです。
大量にとれるため価格も安価になりやすく、サプリメントなど大量に生産する際にはブタから取ったプラセンタを使用することがほとんどです。

馬のプラセンタ

馬のプラセンタもサプリメントなどで使用されます。
しかし、馬のプラセンタは、ブタのプラセンタよりも希少価値が高くなります。
なぜかというと、馬は人間と同じく1度の出産で1頭しか生みません。
また、妊娠も年に1回ほどなので、プラセンタが抽出できる機会は少なくなります。
そのため、馬のプラセンタは、ブタに比べると高価になりやすいです。
そして、ブタよりもアミノ酸を多く含んでいることがわかっています。

ヒツジのプラセンタ

ヒツジのプラセンタもサプリメントなどで使用されています。
ヒツジのプラセンタの特徴は、ヒトと近いアミノ酸組織を持っているということです。
そのため、拒絶反応が起きにくいのでは?といわれています。
しかし、ヒツジのプラセンタは、日本では禁止されているため、外国からの輸入に頼っています。
ニュージーランド、スイスなどから輸入しサプリにしている場合もあります。

植物由来のプラセンタ

動物の胎盤から抽出されることが多いですが、植物の胎盤である胎座から有効成分を取り出して、化粧品などに使うこともあります。
植物由来ということで安心だと思われるかもしれませんが、美肌や健康への効果に関しては、動物の胎盤から抽出するプラセンタの方が効果が高いのです。

人のプラセンタ

ヒトのプラセンタは、医療機関のプラセンタ注射で使われています。
日本人の胎盤が原料になっています。
美容目的で医療機関で注射をする際には、ヒトプラセンタが使われますが、保険は適応されません。

このようにプラセンタの原料は主に5種類あり、それぞれの動物や食粒から抽出されたエキスでつくられているのです。

プラセンタを直接体に注射する方法

プラセンタは、サプリメントや美容液といった方法で化粧品の中から取り入れることができます。

最近では、美容外科や美容皮膚科などで直接体内に注射でプラセンタを取るという方法も行われています。

 

プラセンタ注射はどうやって受けるの?

 

プラセンタ注射の診療を行っている美容クリニックに予約を入れましょう。

美容クリニックはほとんどが予約制をとっています。

 

そして、プラセンタ希望である旨を伝えると、まず医師の診断を受けます。

既往歴や内服などを伝え、プラセンタの注射を受けることに問題がないかどうか見てもらいます。

 

特に問題がなければ、プラセンタ注射を受けることができます。

 

プラセンタ注射の種類

 

プラセンタ注射にはいくつか種類があります。

メルスモンとラエンネックという種類が有名です。

これは製造している会社が違うため、同じプラセンタでも若干作用が変わってきます。

 

メルスモンは、シミ改善やホルモンバランスの乱れを整える効果が高くなっています。

ラエンネックは、肝機能をより高める効果があるので、肝炎の方や肝臓が弱い方、お酒をよく飲む方にお勧めと言われています。

 

プラセンタ注射を打つデメリット

 

プラセンタ注射を打つと、その先、献血などができなくなるというリスクがあります。

このようなリスクについては、注射を受ける前に説明があるかと思います。

しっかりとデメリットも知ったうえで、ご自身の判断で受けるようにしましょう。

 

保険診療のクリニックでも受けられる

 

以前は、プラセンタ注射といえば、美容クリニックなどでしか行っていないことが多かったのですが、

最近では、保険診療をしている内科や皮膚科などでも行っているところもあります。

 

通常、1回2,000ほどで受けられます。

プラセンタが保険診療の適応になるかどうかについては、実際に保険診療をしているクリニックに尋ねる必要があります。

 

プラセンタを注射するのは看護師

 

プラセンタ注射を受ける際、診察をするのはもちろん医師ですが、ほとんどのクリニックでは、実際に注射を打つというのは、看護師が行うようです。

日々、多くの患者さんの注射をしているのが看護師なので、安心して受けられるといいですよ。

 

プラセンタの秘密

プラセンタという言葉を聞くようになったのは、10年くらい前からでしょうか。

そもそもプラセンタとは一体何なのでしょうか?

この記事は、プラセンタについて詳しく紹介します。

プラセンタの秘密

 

プラセンタとは?

プラセンタとは、胎盤(たいばん)のことをいいます。

胎盤は、妊娠中赤ちゃんに栄養を送っているため、そこには、たくさんの栄養が詰まっています。

自然治癒力を回復させる優れた効果があります。

このプラセンタの成分の万能さに注目され、 サプリメント 美容液 などが多く発売されています。

また美容クリニックなどでは、直接注射でプラセンタを注射することもできます。

 

プラセンタっていつからあるの?

実はプラセンタは、とても昔からあったようです。 クレオパトラは古代エジプトの女王ですが、若さを保つためにプラセンタを愛用していたというふうに言い伝えられてもいます。

また、中国でも秦の始皇帝以来使われていたという話があり、はるか昔から美容にいいということで使われてきたようです。

その後、どんどん研究が進んでいき、化粧品などにも使われるようになりました。

豚のプラセンタや馬のプラセンタも化粧品や医療品などで使われることも多いです。

プラセンタとプラセンタエキスの違い プラセンタエキスという言葉をよく化粧品などで聞くのではないでしょうか。

プラセンタというのは、そのままでは化粧品や健康食品にすることはできません。

プラセンタは製品にするときに、「プラセンタエキス」というものにする必要があります。

プラセンタエキスを製造するには、色んな方法があります。

長年、研究を積み重ねて独自の技術で開発を行っています。

エキスには、濃度が様々でもちろん濃度が濃いものの方が効果が高く、値段も高くなりやすい傾向があります。

 

プラセンタに入っている成分は?

プラセンタには、アミノ酸やビタミンなどの美容成分が多く含まれています。

また、ミネラルや酵素などの栄養素も豊富に配合されています。

プラセンタは健康にも美容にも良い成分で、主に若返りに効果が高いと言われます。

アンチエイジングに効く成分は、他にも多くありますが、細胞分裂、増殖を促進させる成長因子があることでも選ばれています。